バストアップを図るなら|自分に合ったクリニックを探そう|目頭切開のメリット
ウーマン

自分に合ったクリニックを探そう|目頭切開のメリット

バストアップを図るなら

バスト

確実なバストアップ

欧米等の諸外国の女性に比べて日本女性は全体に身体の厚みが薄く、凹凸が少ないという特徴を持ちます。まさに日本古来の和服に合った体型といえますが、その反面今の洋装全盛の時代ではこれが悩みのタネになりがちと言われています。特にバストは洋の東西を問わず女性の象徴とされているだけに、全体的に小さめとされている日本女性はコンプレックスを持ちがちです。たとえばスリムアップを目指すダイエットなら努力することでそれは可能となりますが、身体のパーツの1つであるバストだけをアップするというのは現実にはかなり困難なのです。体操やサプリ、エステ等バストアップを図る方法はたくさん紹介されていますが、誰もが確実に効果を得られる可能性は実際のところ小さいとされています。やはり現時点で確実にバストアップが可能なのは、美容外科の豊胸術だけでしょう。美容外科の豊胸術は、人それぞれにある理想のバストのリクエストに応えられるようにきめ細やかなカウンセリングを行い、それに合った施術の提案を行っています。

施術内容とその特徴

美容外科の豊胸術は、多彩に用意されています。代表的なものが、胸をメスで開きそこにシリコンバッグを挿入する手術方式です。この豊胸術は長年の施術実績と新しい技術によって非常に進化しており、安全性が高く見た目も自然なことから人気のある施術です。また、その効果が半永久的であることも人気の理由の1つとなっています。ただし術後にやや痛みがあり、入浴や作業の制限もあるため注意が必要です。こうした手術方式の豊胸術はどうしても抵抗があるという人に高い注目を浴びているのが、メスを使わずわずか10分程度で完了するプチ豊胸術「ヒアルロン酸注入法」です。この方法は、胸に注射針でヒアルロン酸を注入してバストアップを図るもので、短時間で痛みもなく、しかもすぐに効果を得られると高い評価が与えられています。また、体内に元々含まれているヒアルロン酸とあって安全性が非常に高く、アレルギーなどの副作用の心配はほとんどないことも人気の理由にあげられています。しかし、安全なヒアルロン酸だからこそ時間が経つと次第に体に吸収されてしまうため、豊胸の効果は2年前後と言われています。ただ、この注入法は何度でも再施術は可能です。